おかずみ事務所

  • HOME
  • 不動産トラブル

不動産トラブル

「賃借人が家賃を払ってくれない」
「家賃滞納を理由に賃貸借契約を解除したが、賃借人が立ち退いてくれない」

近年の経済環境の悪化からこのような話をよく伺います。

建物明渡請求訴訟を提起する場合、大体において賃借人の資金状態が悪化しており、賃借人は引越し費用を捻出することができません。

強制執行せざるをえないという状況になる場合があります。
強制執行は費用もかかりますし、精神的な負担も少なくありません。

また、未払い家賃は消滅時効があるため、家賃の支払い期日から5年を過ぎてしまうと借主に対して家賃の請求を行うことができなくなってしまいます。

回収を実現し、精神的にも負担を少なく解決するには、できるだけ早い段階で専門家に相談することをオススメ致します。

明渡し請求の方法

①内容証明郵便による解除
賃借人がこちらの提案に応じない場合、契約の解除をしなければなりません。契約の解除は基本的に催促を実施した後でなければできません。そのため、まずは内容証明郵便において退去の通知をすることになります。

②提訴
賃借人が内容証明を無視した場合、提訴し裁判となります。裁判は基本的には賃借人に特段の事情がない場合、賃貸人が勝訴となります。一般的には、抵抗する場合はありません。連帯保証人がいる場合には、同人に対しても同様に滞納賃料の請求をします。

③提訴後の和解
多くの場合、数ヶ月も賃料・家賃を延滞するような賃借人は滞納賃料を支払えない場合が多くいため、滞納賃料の一部を免除することで和解になるという場合があります。強制執行に比べて面倒が無く、円滑な場合が多いです。

④強制執行
和解が成立しない場合の最終的な手段です。勝訴判決を取得後、強制執行を行います。強制執行は、個人ではなく国家の権力である執行官が行います。そのため、執行費用がかかります。極力避けたい方法ですが、効力は抜群です。

専門家に早く相談することが、最も利益が残り、負担も少ない方法です。お気軽にご相談ください。


   otoiawase bnr 3.PNG


 詳細ページ -Detail-

不動産トラブル
  未払い家賃の回収
敷金返還について
   
     
     

アクセスマップ

syosekisyoukai 1.PNG
いちばんやさしい
株式会社の議事録作成全集
 giziroku 1.jpg