おかずみ事務所

個人再生

pen0101.gif  個人再生とは裁判所に認められた再生計画に基づいて一定の借金を免除
  してもらう方法
です。


通常の民事再生は手続も煩雑で、個人が利用するのは難しい手続でしたが、法律が改正され「個人再生手続」が取れるようになったのです。

個人債務者再生手続きは、2001年4月1日にスタートしたばかりの比較的新しい制度です。

そのためか、まだまだ一般の方にはあまり馴染みがないのが現状ですが、最近になってようやく認知されてきました。

この手続きは例えば、500万円の借金のある個人が、収入に応じて支払える額(3年間で200万円)を返済するという計画を立てて、この再生計画を裁判所が認めて、実際に3年の間に再生計画どおりに返済できたら残りの300万円の借金が免除されるという手続きです。

つまり、3年間きちんと返済できれば残りの借金がなくなるわけです。
なお、個人再生手続きは、住宅ローンなどを除く債務総額が5000万円

以下の個人債務者で、将来において一定の収入を得ることが見込まれるときに利用できます。

1.債務総額が5,000万円以下(住宅ローンなどは除く)の個人
2.将来一定の収入を得ることが見込まれる

が挙げられます。


   otoiawase bnr 3.PNG


 詳細ページ -Detail-

債務整理の基礎知識
  過払い請求
武富士の倒産と今後
  競売と任意売却
任意整理
  個人再生
自己破産
   

アクセスマップ

syosekisyoukai 1.PNG
いちばんやさしい
株式会社の議事録作成全集
 giziroku 1.jpg